奨学金って何?どんな仕組み?

奨学金とは学習意欲のある学生に対し、学費や生活費を貸付または給付することで経済的負担を軽減する制度です。
奨学金には「借りる奨学金」「稼ぐ奨学金」「もらう奨学金」の3種類に大別されます。
借りる奨学金は、卒業後に学費の返還義務があります。
借りる奨学金で最も多くの人に利用されているのが、公的機関である日本学生支援機構(JASSO)です。
教育ローンは親権者が借り主となりますが奨学金は学生が借り主となります。
稼ぐ奨学金は働きながら進学する奨学金制度で、在学中に返済できるため経済的負担を抑えることが出来、申請条件も緩やかです。
もらう奨学金は給付型の奨学金とも言い、100%学費の支援を受けることが出来ます。
給付ですから返済する必要は一切ありません。
経済的にも精神的にも負担が少ない制度ですが、一般の奨学金よりも審査基準が厳しく募集枠が非常に少ないという問題があります。
要するに一部の成績優秀者しか利用できない制度ということです。
奨学金には必ず審査があるため必ずしも利用できるわけではありません。
基準は機関や学校によって異なります。
奨学金を受け取れる期間は卒業までの最短修業年限となりますので、留年や休学によって卒業が延びた場、卒業までの支給を受けることが出来ません。
奨学金の注意点としてはすべての学生を賄えるわけではないという点です。
実際に「奨学金の貸付が開始になるのは進学後の5月以降となります。
しかし大学の学費は前期分に関しては前払いとなりますので入学金や全気分の授業料・施設費に奨学金を充てることが出来ません。
また奨学金は1年毎の契約となりますので、翌年度以降も奨学金を利用するには継続手続きが必要となります。モビットの審査に通過するには?在籍確認の電話はある?

親子リレー返済ってなんですか?

親子リレー返済とは文字通り親子が連帯債務者となり2人の年収を利用して時間をずらして返済する方法です。
主に住宅ローンなど高額な借り入れをする際に利用します。
住宅ローンの返済当初は、まずは嫌が住宅ローンの返済を行い、その親が高齢になり住宅ローンの返済が困難になった場合に子が住宅ローンの返済を行います。
もちろん親が高齢になる前にこの返済能力が十分になればそれ以降は子が住宅ローンを返済することも可能です。
親子リレー返済のメリットは、高齢shでも住宅ローンを組みやすいことに有ります。
住宅ローンには申し込み年齢の上限があり基本的には70歳未満としています。
ですが親子リレー返済なら70歳を超えていても住宅ローンを組むことが可能です。
親子リレー返済はフラット35だけでなく一般の金融機関の住宅ローンでも取り扱いしているところがあります。
注意点として、同じ物件に対し返済していくことが条件となりますので例えば子供が独身のうちに親子リレー返済を組み、その後結婚して所帯を持った場合は親と同居しなければいけないことです。
仮に実家を離れるとなっても住宅ローンの返済義務を免れることが出来ませんので、親子リレー返済を組む際はよく考え話し合ってから申し込みましょう。アコムの審査に通過するには?在籍確認はある?